深田恭子の延期になった映画とは?活動休止でドラマや舞台も延期に…

芸能

どうも!管理人のジャモージさんです。

女優・深田恭子さんが恋人の杉本宏之さんと大喧嘩しているという記事が話題になっています。

深キョンが恋人ならだいたいなんでも許せそうな気がしますが…実際に付き合ってみるとそんなことないんでしょうか?w

杉本宏之さんは去年の適応障害の時も親身に寄り添ってケアしていたなどの話を聞くと、ただの痴話喧嘩にしか思えませんね(;´Д`)w

まぁそんなことはおいといて、今回私が気になったのはこちらの話題です。

復帰後もしばらく仕事をセーブしてきましたが、6月から本格的に女優業を再開し、活動休止で延期になっていた映画と舞台の制作や、配信ドラマに主演することも内定しているといいます
引用:NEWSポストセブン

そういやそもそも、深田恭子さんが去年適応障害で活動休止されたのは働きすぎが原因で、休養発表の時にすでに何作もの作品の主演が決まっていたり、撮影中だったと報じられていたってことを思い出したんですよ。

2021年7月期のドラマ「推しの王子様」でも主演が決まっていましたが、そちらは延期することなく、比嘉愛未さんが代役を務めて予定通り放送されています。

他の深田恭子さんが主演する予定だった作品で延期してたものって何があったのかな…と気になったので調べてまとめてみました。

早速どうぞ!

スポンサーリンク

深田恭子の延期になった映画とは?

結論からいうと、深田恭子さんが活動休止で延期になっていた映画というのは「ソーシャル・クライマー」という作品のようです。

ソーシャル・クライマー
監督:藤井道人
脚本:小寺和久
共演者:尾野真千子
原作:小説「毒を売る女」島田荘司著

取材を進めると“幻の主演作”の輪郭がハッキリ浮かび上がってきた。22年の公開を目指していた映画のタイトルは「ソーシャル・クライマー」。メガホンを執るのは19年公開の映画「新聞記者」(スターサンズ)で「第43回日本アカデミー賞」最優秀作品賞をはじめ、数々の賞を獲得した藤井道人監督だ。脚本は6月24日にNetflixで配信された「全裸監督2」が話題の小寺和久氏。旬のヒットメーカーが手を組んだ意欲作と言えよう。

「タイトルの『ソーシャル・クライマー』とは、貧困にあえぐ下層階級から上流階級の仲間入りを求める人を指し、深田は売れないカメラマンを夫に持つ団地住まいの主婦という役どころ。娘には何とか這い上がってもらおうと、無理して名門幼稚園に通わせるという設定です」(映画関係者)
引用:ASAGEI plus

この映画はそもそも深田恭子さんありきの映画だったということと、すでにかなりのシーンが撮り終わっていることから代役を立てることができず、そのまま延期になっていたようです。

去年9月頃にお仕事に復帰された時の深田恭子さんは、まだ休養が必要なんじゃないか?と心配になる感じの雰囲気でしたが、撮影ができるほどの状態にまで回復されているようで一安心ですね。

ちなみに舞台・配信ドラマに関しては情報がなく現在調査中ですが、6月から女優業本格復帰という事で、近いうちに何か発表されそうですね(;´Д`)

楽しみに待ちたいところです。

スポンサーリンク

おわりに

恋人の杉本宏之さんとの関係も気になりますが、やはり深田恭子さんの女優としての活躍の方が気になりますよね(*´ω`)

深田恭子さんは年をとるごとにどんどん美しさ(演技力?)が増しているので、これからの映画やドラマにも期待したいです。

では。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました