cocomiのフルートは評価されてる?実力やレベルを調査!

芸能

どうも!かなりリコーダーが上手い管理人のジャモージさんです。

木村拓哉さんの長女・cocomiさんがテレビ朝日「題名のない音楽会」にフルート奏者として出演することが発表され話題になっています。

妹のkokiさんがキムタク似でその美貌が話題になっていましたが、個人的には断然cocomiさんの方がタイプです(*´ω`)

まぁそれはおいといて、今回はcocomiさんのフルートの腕前は評価されているのか?その実力やレベルはどんなものか?という事について調べてまとめましたので早速どうぞ!

スポンサーリンク

cocomiのフルートは評価されてる?実力やレベルを調査!

まずはcocomiさんのフルート歴(フルートを始めた年齢)と練習環境について調べてまとめました。

cocomiのフルート歴と練習環境

まずcocomiさんは現在21歳で、フルートを始めたのは11歳の時なのでフルート歴は10年という事になります。

日本の有名なフルート奏者3名のフルートを始めた年齢を調べてみたところ、

高木綾子…8歳
岩下智子…12歳
波戸崎操…13歳

と、cocomiさんのフルートを始めた年齢が11歳というのは割と早い方だという事がわかりました。

cocomiさんの出身大学は桐朋学園大学音楽学部でその偏差値は48とされています。

同じように日本の有名なフルート奏者3名の出身大学とその偏差値を調べてみました。

高木綾子…東京芸術大学52~60
岩下智子…東京芸術大学52~60
波戸崎操…国立音楽大学45~50

という結果になり、桐朋学園大学音楽学部の偏差値は東京芸術大学と比べて劣るものの、国立音楽大学とはそう変わらないことがわかります。

まぁ偏差値が高い=教育レベルが高いという事ではないかと思いますので参考程度でお願いしますm(__)m

大学のレベルも問題ない上にcocomiさんはNHK交響楽団首席フルート奏者・神田寛明氏に師事していることや自宅地下にあるレッスン室で年中時間を問わず練習できたという事から、練習環境は最高に整っていると考えられます。

次に、cocomiさんのフルートでの受賞歴について調べてまとめました。

スポンサーリンク

cocomiのフルートでの受賞歴

cocomiさんのフルートでの受賞歴は以下の通りです。

・ヤマノジュニアフルートコンクール優秀賞3回、最優秀賞1回並びに特別賞受賞。
・2019年:日本奏楽コンクールで最高位を受賞。管楽器部門第1位とともにフランス近代音楽賞受賞。

ちなみにcocomiさんがフルートで最高位を受賞した「日本奏楽コンクール」は2018年に始まった新しいコンクールで、まだその評価が定まっていないとの意見もあるので、この賞だけでcocomiさんのフルートの腕前が日本一だとするのはやや早計なのかもしれません。

しかし、多くの出場者の中から最高位を受賞していることは間違いないのでcocomiさんにフルートの実力があり、評価をされているのは間違いないと思います。

スポンサーリンク

おわりに

cocomiさんは日本の有名なフルート奏者と比べてもフルートを始めた時期が早く、大学や自宅での練習環境も良く、数々の賞を受賞して、そのフルートの腕前が評価されていることがわかりました。

親がキムタクと工藤静香で、ビジュアルが良くて音楽の腕前もあるなんて許せませんね(;´Д`)w

とりあえず「題名のない音楽会」の放送を楽しみに待ちたいと思います。

では。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました