子供がありえない血液型に?【両親がシスAB型とボンベイ型の場合】

生活の知恵

こんにちは。血液型占い大好きAB型の者です。

みなさん思春期に一度は自分の血液型と両親の血液型を比べてみて、本当に自分は両親の子なのかを確かめようとしたことがあると思います。

私も中学生くらいの時になぜか友人たちと調べてみようという話の流れになり、調べてみたことがあります。

私の両親はAB型とA型なのでAB型が生まれる可能性があり「まぁそりゃそうか」という感じでしたが、翌日友達の一人が「なんか親の血液型的にありえないっぽいんだけど…」と青ざめた顔でつぶやきました。その場はみんなひきつった笑顔で「へ…へへ、たぶん大丈夫っしょー(知らんけど)!」なんとかフォローしましたが、その後はタブーの話になり真相は闇の中です。

今回はそんな「子供がありえない血液型だった…」なんてことが実際に起こるのかについて調べてみました。K君に届け…。

血液型の組み合わせ

さて、まずは基本なのですが、血液型には大きく分けて「A/B/O/AB」の4種類あります。

さらにその4種類の血液型はそれぞれ「A型:AA/AO」「B型:BB/BO」「O型:OO」「AB型:AB」と詳しく分類されます。

詳細な説明は省きますが、例えばAO型はAとOの2種類の型があり、その2種類のうちどちらか1種類が子供に遺伝して、両親から1つづつ貰って子供の血液型が決まるって感じです。ちなみにO型は弱いので、OA・OBなどはなく、その場合はそれぞれAOのA型・BOのB型になります(O型の人間が弱いわけではないのであしからずm(__)m)。

という事で、血液型の種類が決まっている以上、組み合わせとしてありえない子供の血液型っていうのは存在します。

例えばAA型とBB型の両親の場合、どんな組み合わせでもAB型の子供しか生まれません。

まぁ親世代が自分の血液型を間違って教えられていて、何かの大手術の時に本当の血液型を知って驚いた、なんて話には枚挙にいとまがないので、だいたい大丈夫なはずです。大丈夫だよK君…。

子供がありえない血液型だったら?【シスAB型とボンベイ型】

ここまで血液型の組み合わせをみてきましたが、両親の血液型が珍しいものだった場合、子供が通常の組み合わせではありえない血液型になることもあります。

それは両親のうち片方でも【シスAB型】か【ボンベイ型】だった場合です。

シスAB型

こちらはAB型なのですが、ABではなくABOと分類される血液型です。通常のAB型はABの遺伝子しか持たないので、パートナーの血液型に関らずO型の子供は生まれ得ません(OO以外はO型にならないので)。

しかしこのシスAB型だった場合、遺伝子にOが含まれるため、パートナーによってはO型の子供が生まれる可能性があります。

ちなみにシスAB型は一万人に一人くらいの割合らしいです。

ボンベイ型

こちらは、実際はO型なのに、一般の血液検査ではA型やB型と判定されてしまうという血液型です。

通常両親がO型の場合、子供もO型しか生まれ得ませんが、両親のどちらかがこのボンベイ型だった場合には、子供がO型以外の血液型になる可能性があります。

ちなみにボンベイ型は数百万人に一人くらいの割合らしいです。

おわりに

自分の血液型が、両親の血液型からしてありえない血液型だった場合でも、両親が実の親である可能性はあることがわかりました。

血液型は奥が深そうなので、今後も色々調べてみたいと思います。

K君の両親がシスAB型かボンベイ型である事を願います…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました