自信があるように見せるには「声」が重要!今すぐ声を改善する方法

自己啓発

「大事な面接やプレゼン、大切な人と会う予定があって緊張する…だけど自信の無い人だと思われたくない…どうすれば自信があるように見せられるのか、方法があれば知りたい。」

そんな人にこの記事を捧げます。

私も基本的に自分に自信がありませんでしたが、そのおかげで色々な自己啓発本を読み漁り、ハッタリを効かせられるようになり、人間関係のストレスから解放されました。

自信があるように見せるには「声」が重要

結論から言うと、あなたが他人に自信があるように見せるのに重要な要素は「声」です。

ですから、「声」を改善すればあなたに自信があろうがなかろうが、他人にはあなたが「自信のある人」に見えてくるわけです。

実際にあなたに自信があるかどうかは他人には一生分かりません。想像するしかありません。

「外見」だって重要でしょ?と思われたかもしれませんが、「外見」よりも「声」の方が重要です。

実際に今あなたに想像して欲しいのですが、以下の二人のうちどちらが自信があるように感じるでしょうか?

Aさん:身長2mでいかつい顔の30代のマッチョマン。しかし声が震えていて、小さくて聞き取れ無いレベル。

Bさん:身長150cmで気弱な顔をした30代の貧弱ボディ。しかし腹の底から響くような重低音で、ハキハキと軽快に話す。

おそらく、外見だけだとAさんの方が自信があるように見えると思いますが、外見と声をトータルするとBさんの方が自信があるように見えるのではないでしょうか?

「外見」は整形でもしない限り顔を変えることは難しいですし、身長を伸ばすのは成長期を超えると困難です。体型は何とか筋トレ等で変えることはできますが、食事制限や運動は苦痛が伴うため、結果が出るまでの長期間続けるのは難しいと思います。

しかし、声は何歳になっても、基本無料で改善することができます。

自信があるように見せるために、時間的にもコスパ的にも、「声」を改善するのが一番なのです。

今すぐ声を改善する方法

「声」の重要性が分かって頂けたところで、早速、「今すぐ声を改善する方法」をお教えしたいと思います。

「声」を改善するにはいくつもの方法がありますが、多くの事を意識すると実践の時に緊張してしまうと思うので、ここでは2つだけに要点を絞ってお教えします。

ズバリいつもより「少し大きい」声をいつもより「少しゆっくり」に話す事を心掛けるだけでOKです。

それだけ?と思われたかもしれませんが、本当にそれだけです。

ポイントは「少し」です。大き過ぎる声やゆっくり過ぎる話し方だと、逆に相手に変な印象を持たれかねませんし、そもそも実行するのも難しいでしょう。

最初は緊張で大きな声を出せないと思いますので、だいたいいつもの自分のイメージの1.5倍くらいを心がけて話すと、いい感じになると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました