ブルーライトカットレンズの凄さとは!?

生活の知恵

皆さんはブルーライトカットしてますか?

私はしています。

というのも、私の仕事はほぼ一日中スマホやパソコンの画面とにらめっこしている状態で、常に目が疲れていて痛かったのです。

そこで目に良さそうなサプリを飲んでみたり、効きそうなツボを押してみたりと色々調べて試してみたのですが、どれもあまり効果がなく、もう諦めて痛みとともに生きていくしかないのかな…と考えていました。

そんな絶望のさなか、近所のショッピングモール内の眼鏡屋にふと立ち寄ってみたところ、「ブルーライトカット」という文言で売られている眼鏡を発見。

まぁとりあえず試してみるかとかけてみたら、あら不思議。長時間画面にはりついていても、あまり目が疲れなくなったのです。

ということで、私のスマホライフを激変させたブルーライトカットレンズの凄さを皆さんにシェアしたいと思います。

そもそもブルーライトとは?

最近ではテレビとかでもよく聞くようになったブルーライト。

なんとなく目に悪いっていうのは知っているけど、実際のところどんなものかよく知らないという方が多いのではないでしょうか?

私も何となく波長が短くて強い青い光なんじゃないかなくらいの認識で調べてみたところ、その通りでした。

どうやら可視光線の中で最も波長が短く強いようで、そのために網膜にダメージが残るという事らしいです。

スマホやパソコン等の液晶に含まれていて、空が青いのもこのブルーライトの仕業なのです。

ブルーライトが人体に与える影響

ブルーライトは自然界にも存在するんだから、別にいいじゃんって思いましたか?答えはNOです。

液晶のブルーライトは、眼精疲労やドライアイ、睡眠の質の低下など、人体に様々な悪影響を及ぼします。

皆さんスマホやパソコンを使う際に近距離で液晶を見ますよね?それがいけないらしいです。

そんなこといったってしょうがないじゃないか!という声が聞こえてきますが、だからこそのブルーライトカットレンズなのです。

私たちはそれをどこで入手することが可能ですか?

JINSです。Zoffでもいいです。だいたいどこの眼鏡屋でも入手可能です。

判断材料としては、だいたいレンズは「反射」タイプと「吸収」タイプに分かれており、早い話がレンズが濃いほうが吸収タイプなのですが、部屋でしか使わないって方やグラサンがおしゃれだと感じているタイプの方は吸収タイプがおすすめです。理由はブルーライトのカット率が高いからです。

あとは、カット率がだいたい60くらいまでありますが、カット高ければ高いほどレンズの色が濃くなり見える色味が変わってくるので、その辺はお好みでいいと思います。

私は40くらいのやつを使っていますが、効果はまさに目に見えるほど凄くて、色味も気にならないのでお勧めです。

終わりに

いかがだったでしょうか?目は一生の相棒といいますから、このデジタル時代を生き抜くためにケアしていきたいものですね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました