温活とは?体を温めるメリット!

生活の知恵

皆さんは平熱何度くらいでしょうか?

私はだいたい35.5℃くらいです。低いですよね?

最近はなんだか手足の冷えがひどくなってきたので、体をあっためなきゃなーと思い調べてみたところ、ヒットしたのが「温活」です。

もう4月ですが、地域によってはまだまだ寒さの残る昨今、皆さんに快適に生活して頂くため、体を温めるメリット・方法をシェアしたいと思います。

そもそも平熱とは?

皆さん、特に男性は気にされていないであろう平熱。なんか熱っぽい時に体温計で測ってみて37℃を超えていたら、「やばいなー熱っぽいな。平熱は知らんけど。」と感じるくらいではないでしょうか?

では平熱とはいったい何℃くらいが平均なのでしょうか?

調べてみたところ、だいたい36.7℃くらいの方が多いようです。

この結果には驚きました。え、私の平熱低すぎ!?

平熱が低いとどうなるの?

平熱が低いとどうなるのでしょうか?

古の時代より「冷えは万病の元」と言われているように、血流が悪くなったり、様々な体の不調につながるようなので、私の様に平熱が低めの方は改善が必要かもしれません。

体温を上げる「温活」は如何すればいいの?

では平熱低めの私の人生はオワコンまっしぐらなのでしょうか?

いえ、改善方法は無数にあります。

正直原因が分からないので、片っ端から試してみて、自分に合うものを長く続けていくしかありません。

温活を始めるなら今すぐです。

暖かい食べ物・飲み物を経口摂取する

これは間違いないですね。私は冷たい飲み物が大好きで、朝起きたら冷たいコーヒー、おやつ時には冷たいコーラ、晩御飯のお供は冷たいお茶。え、私の飲み物冷たいもの多すぎ!?

白湯とかがいいみたいです。反省します。

筋肉量を増やす

どうやら加齢によって筋肉量が減少すると、平熱も下がってしまうようです。

私も最近運動不足なので、それが原因の一つなのかもしれません。

筋トレはスクワットがおすすめです。

気軽に一人で短時間でその場でできて、一番でかい筋肉を同時にいっぱい鍛えられて最強だからです。

詳しくは私の別記事をご参照ください。

お風呂に入ろう

入浴も平熱を上げるには効果があるようです。

忙しい中、今日はシャワーですませよう…の積み重ねが、低体温のトリガーになっているのかもしれません。

私はあまり忙しくないので毎日入っています。

血流をよくする効果のある入浴剤を併用するのも一つの手です。

おすすめは炭酸系、バブですね。いいにおいのやつにすればリラックスして長く入浴することができると思います。

風呂上りは体温が冷えがちなので、湯冷めしないように洗面所に小型のヒーターを置いておくとはかどるかもしれません。私ははかどってます。

以上が簡単にできる温活です。

他にも漢方やヨガなど、東洋医学も効果が高いようなので、紹介した基礎的なもので効果が薄いなーと感じた方は試してみるといいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました